So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

マイセンの動物たちに会いに

暑いです
7月はあっという間に過ぎて、もうお盆も過ぎ。。。
それでもまだまだ暑さが続きます
皆様、夏バテは大丈夫ですか

6月にダンスの発表会が終わり、そのあとはまた10月の発表にむけて
レッスンが始まり
少しづつ、楽しめるようになって、ダンス始めてよかったなぁと
思い始めました。

今日は、仕事もおやすみでしたので、美容院へ行き、そのあと
せっかく東京まで出たので、以前から気になっていたパナソニック汐留美術館の
マイセンの動物園展を見てきました

Collage 2019-08-17 21_19_20.jpg


陶器でできた動物たち
繊細でびっくりします
食器など実際に使われていたであろう物と
装飾がいっぱいで、飾るためだけのものがありますね

Collage 2019-08-17 21_26_35.jpg


日本の超絶技巧の陶器たちとはまた違う趣ですが
どちらも、気の遠くなるような手作業
よくできていますし、よくこんなにきれいに残っているものだと
感心します

Collage 2019-08-17 21_21_04.jpg


繊細で美しい

IMG_7587.JPG


良い目の保養になります

特に猫ちゃんとか、クマ、かわいい。

Collage 2019-08-17 21_27_56.jpg


家のお嫁ちゃんは鳥が大好きですから、さっそく
写真を送りました

Collage 2019-08-17 21_30_55.jpg


なんとここは、殆ど写真を撮ってよいのです
途中にいくつか、写真撮影禁止のものがありまして
わんこたちはなぜか禁止(笑)
家のわんこに似たのがいたのですけど、残念,撮れなくて。

IMG_7615.JPG


9月23日まで開催です。
何かついでがありましたら、ぜひどうぞ!
まだまだ続く暑さに負けず、頑張りましょうね^^


nice!(2) 

誕生日には [美術館]

Collage 2019-06-20 20_28_44.jpg


今年の誕生日はまた娘のところで過ごしました
昨年、神戸で誕生日を過ごした時には、大きな地震が
あってびっくりしたものです
あれからもう一年。

Collage 2019-06-20 20_34_27.jpg


婿がどこにでも好きなところに連れて行ってくれると
言ってくれたので、お願いして、車でしか行けそうもない
滋賀県のMiho Museumに連れて行ってもらいました

Collage 2019-06-20 20_15_49.jpg


昨年は、京都の大山崎美術館ですごし
また今年も美術館。

神戸からは車で一時間半ちょっとです。
高速を降りると、とたんに人が少なくなり
山の中に入口が現れます

ここはまだ入り口で、本当の美術館の中には小さなカートみたいな
車で移動です
このトンネルから橋への景色がすごい

Miho Museumは、熱海のMOA美術館とか箱根美術館とか同じ
宗教法人によって運営されているところ。
よって、すごい建物が建てられつというわけ。
椅子一つ、トンネルの中のステンレス一つとっても
どれだけお金かかっているのだろう?とびっくりです。
建物は、ルーブルのガラスのピラミッドやワシントンギャラリーの
設計をしたペイさんという方によるもの。

中で、作っているときの経過のビデオが見られますが
自然を壊して作るので、必ず元に戻すと、建物の80パーセントは
地中に埋めてまた木々を植えなおしたそう。

琵琶湖の南の山の中に桃源郷をイメージして作られた美術館。
展示物は茶道具、仏教美術、陶磁器,漆工芸など。

Collage 2019-06-20 20_36_42.jpg


シルクロードを旅するようなイメージで、エジプトやギリシャの
古代美術が展示されていますが、どれもとても親しみやすくて
可愛い。とにかく動物が多いんです。
この像のためにこの建物を建てたといわれている
エジプトの隼頭神像は必見!

中は、子供を連れて行っても歓迎モード。
食事をするところも、オーガニックにこだわった美味しい
ものでした。

帰りには、信楽に寄り、たくさんの狸の出迎えに
オチビさんは大喜び。

信楽駅で巨大な狸ともパチリ。信楽鉄道は本数、少ないのね。

次の日は、父の日でしたので
お礼もかねて、娘家族を神戸御影のレストランにご招待。
来ていないけれど、夫がスポンサー(笑)

このレストランがとても良い雰囲気で大当たり。
ザ・ガーデンプレイス蘇州園。

Collage 2019-06-20 20_19_49.jpg


1934年に建てられた旧財閥の大邸宅を改装したレストラン。
今はイタリアンレストランと結婚式場にもなっています。

Collage 2019-06-20 20_27_30.jpg


美味しい食事をいただいた後は庭を散策。
優雅なひと時でした。
神戸、まだまだ開拓したいところがたくさんです。

Collage 2019-06-20 20_32_49.jpg


今回も娘ファミリーにまた世話になりました。
ありがとう!




nice!(4) 

あっという間に梅雨入り。。。 [季節]

早いですね、もう梅雨入り。
今日の雨のひどさと言ったら。。。
また災害などないとよいのですが。

梅雨のアジサイの前に5月に撮りためたバラの
写真を少し載せます。
まずは青空の中の大船植物園のバラ

Collage 2019-06-01 20_37_55.jpg


そして新宿御苑の花たち

Collage 2019-06-01 20_40_30.jpg


Collage 2019-06-01 20_43_15.jpg


Collage 2019-06-01 20_41_45.jpg


Collage 2019-06-01 20_45_38.jpg


後は熱海のバラ園、平塚の花菜植物園にも行ってきました。
薔薇の香りなしで春を過ごすなんてできないほど
薔薇の香り好きです。

Collage 2019-06-05 22_22_32.jpg


Collage 2019-06-05 22_24_07.jpg


2年前の7月から、地元で社交ダンスを習い始めたのですが
先日、ワルツのデモンストレーション、何とか無事に終了。
ホッとしているところです

で、終わったら頑張った自分へのご褒美でこれを
食べたかったの(笑)

Collage 2019-06-05 22_19_47.jpg


鎌倉の老舗カフェのプリンパフェ。
Hanakoの表紙を飾って、一躍人気になってしまいましたが
ここのカフェ、何もかも美味しいし、何よりオシャレなのに
気取っていなくて好きです。
もちろん、おいしくおいしく、いただきました^^
次回は、秋に向けて、タンゴ!頑張るつもりです

ご褒美、次は何にしようかな(笑)

nice!(7) 

ごはんは大事 [おいしくって幸せ]

Collage 2019-05-12 23_21_11.jpg


毎日毎日の食事
皆様もそうだと思いますが、私はほぼ40年間の結婚生活のなかで
3食殆どを作っています
夫が務めていた時は、退職後非常勤の時も含め
お弁当も。

マルタとイギリスに行った5か月間は全く主婦業を
休ませてもらったので、その間を除くずっと。

でも振り返ってみると
ごはんを作るのが嫌だなぁと思ったのは
夫と喧嘩したときとか、よっぽど具合の悪い時。

普段の生活の中で、嫌だなあとか面倒とか
思ったことがないことに気づきました。
これって一つの才能?(笑)

料理について考えると、やはり母の影響が大きいでしょうか
90になる今でも一人暮らしをしている母は
食欲旺盛ですし、いつふいに行っても、きちんと
珍しい料理をつくったりして、一人で食事をしている

改めて教えてもらったような覚えはありませんが
母に作ってもらった料理がやはり基本にあるかも
しれません

私の料理の自慢はとにかく手早いこと(笑)
夫があまりの早さで出てくるからあきれている

で、何もかもインスタントを使っているとかではないんですよ
よく時間のある時には、お惣菜の作り置きをしておく
そして、なんでもいっぱい作ってしまって(笑)
形を変えて出す

自分でもまずいなぁと思う失敗はしょっちゅうあります
でも、レストランじゃないからOKOK

そして、意外に大事なのが頭のなかでシミュレーションをすること

よく寝る前に明日の朝食べるもののメニューを
頭で考えます
あるものと、それからちょっと変化をつけること
あと自分の食べたいものを作るのも大事(笑)

基本、私は朝はスムージーだけにおさえてます
食べるスムージーです

中身は、にんじん、アボカド、プルーン、ヨーグルト、バナナ
その時ある果物、、モリンガパウダー、それに時々コラーゲンや
お豆腐、ハト麦、酒粕など。
酒粕は、最近灘に行って、日本酒が楽しいなぁと思い始めてから
いれることがあるのですが、まろやかになって、とてもおいしくなる!からお勧め!

我が家の台所は、引っ込んだところにあるわけではないので
人とコミュニケーションとりながらご飯づくりができる場所。
お台所好きなので一日のうち、過ごす時間はとても長い。
休みの日は、なんだかずいぶんここにいる。

Collage 2019-05-24 15_12_52.jpg


で、一番の味方がミーレの食器洗い機。
もう家を建てた30年前からの、私の強い味方。
これは2代目で、初代はボッシュでした。
大型にしたので、とにかくまとめて洗ってしまう。
料理が苦にならない大きな理由の一つでもあります。
働くお母さんたちには、絶対に大きな食器洗いお勧めします。

どうして、食のことを書こうと思ったかというと
やはり私たちの体は食べたものからしかできていないということ

You are what you eat.
You are what you read.

とはよく言われること。
あなたの体はあなたが口に入れたものだけでできているし
あなたの教養は、あなたの読んだものでできあがる

元気の素は、一日の食事
そして、それを楽しく食べなければね

夫、最近は食べた後、うまかったぁ!と大きな声で言ってくれる
その一言が、やる気を支えるものなんです
ものすごく食べる人なので、大変だなぁとも思いますが
美味しいと言って食べてくれる人がいることは
幸せなんだということに気づかないとね、、、と自分にいいきかせて
いるこの頃です。

nice!(5) 

ヒュッゲ・・・あなたにとって心地の良い場所は? [季節]

Collage 2019-05-05 11_45_07.jpg


令和が始まり、初めての10連休も終わり、緑の美しい季節が
いよいよやってきました

写真は、英勝寺の白藤です。今が見頃。見事です。
白藤は品格があって、好きです。

盗んだバイクで走り出す~♪
いえいえ、本当は盗んでなんかいませんし
15の夜ではなく、〇十五の朝(笑)

でも15に戻った気分で、朝ミニバイクを飛ばして(笑)
鎌倉まで行ってきました。

夕方、息子夫婦たちが食事にくるというので、英勝寺のあと
鎌倉と二子玉川と原宿限定 というシブーストを買いに
スターバックスにも。
今はマンゴ―とオレンジ味です。

Collage 2019-05-03 21_21_15.jpg


ここ鎌倉のスターバックスは、元は横山隆一さんの
アトリエだったところ。
プールがそのまま残されていて、今は藤の花が満開です
いまここは特等席ですね^^
プールに落ちた花も美しい。

Collage 2019-05-03 21_17_40.jpg


朝早いのに、結構地元の人がいらっしゃって、コーヒーと
藤の花を楽しんでいらっしゃいます。

心地よい空間と時間。

幸福度が世界で一番高いデンマーク人。
デンマークでは、このような時間を”ヒュッゲ”hyggeといって
とても大切にしているそう。

ヒュッゲとは、気を遣わずにくつろげる状態のこと
キャンドルのともっている様子や、家族や友達と
くつろぐこともヒュッゲです

Collage 2019-05-06 18_38_14.jpg


皆様にとって心地よい”時間、空間とはどんなものでしょうか。
私にとっては、できれば我が家のリビングダイニングが一番
居心地の良いものであってほしい。

でも、時には、歓迎しないムードがあるときもあるのね
(パートナーが頑固ですから(笑))
自分の好きなようにはできない。

そんな時、お気に入りのカフェとかあったら素敵。
私の街にも、そんなカフェがいくつかあります。

でも、今までで一番素敵なカフェ・・って考えたとき、真っ先に
頭にうかぶのは・・・イギリスのコッツウォルズ
ウィンチカムという小さな村にある、日本人が経営するJuri's tearoom.。
何が素敵って、、、ご覧ください。

Collage 2019-05-06 18_19_16.jpg


コンサバトリーのようなったカフェの天井一面にブドウの葉。
こんなの見たことがありませんでした。

Collage 2019-05-06 18_20_40.jpg


以前、イギリスの記事を書いたときに、書こうと思いながら
ちょっと躊躇してしまったのは、トリップアドバイザーにとても
とても辛辣な意見があったということ。

Collage 2019-05-06 18_29_13.jpg


その方がいうには、オーナー樹里さんのお父様の応対に
問題があったそうなのですけれど、私は実際そんな思いは
しなかったし、もともとお父様もうちの近く出身で
樹里さんと長男が鎌倉の同じ病院で生まれたこともあって、話が
弾んだくらいでしたが、やはり、そう書かれることことには
何か理由があったのでしょう。

Collage 2019-05-06 18_23_22.jpg


でも、最近、このJuri's tearoomが、日本橋に支店をだしたということで
びっくりしました。
今もウィンチカムのあのブドウの木は健在かしら。

Collage 2019-05-06 18_30_33.jpg


素敵なカフェというとあの緑が鮮やかに目に浮かびます。
本当は、うちの部屋もあんな風にしたいのだけれどね。

Collage 2019-05-06 18_31_40.jpg


心地よいつながりで私が憧れている空間に
コンサバトリーがあります。これはイギリスでお邪魔した
お宅。

Collage 2019-05-06 18_35_14.jpg


これもイギリスのお庭ではとてもポピュラーなつくり。
ここで、お茶しながら、わんことまったり
庭のバラの花の香りを楽しみながら余生を送りたい~
私の夢でもあります。

Collage 2019-05-06 18_32_47.jpg


さてさて、話がとめどもなくなりましたが
居心地の良い空間を作るのはとても大事なこと
自分が毎日暮らす場所を一番”ヒュッゲ”といえる場所に
したいものですね。

いずれは、本場のヒュッゲを楽しむデンマークの旅にも
行きたいなぁ♪と夢は広がります。



nice!(3) 

トライフルでお祝い [おいしくって幸せ]

Collage 2019-04-28 21_49_33.jpg


トライフルというお菓子をご存知ですか

イギリスの伝統的なおやつで、再初にレシピが紹介されたのは
1500年代。もとは砂糖とショウガ、ローズウオーターで
味付けしていたクリームだったのがその後カスタードや生クリーム、
ゼリーを使ったものに変わってきたそうです。

以前、イギリスにいたときは正直あまり食べたことがなかった
のにこちらで英語の先生に作っていただいたり、
英国風アフタヌーンティーで、よく見かけるようになりました。

余りものとか.余計なもの、という意味もあるように
残り物再利用ができるデザートといったところでしょうか


英語では
Don't waste your money on trifles.
つまらないものにお金を使うな
He is always worrying over trifles.
彼はいつも些細なことを心配している

こんな風に使うそうです。
でも、残り物利用ってとても良いことだし
実際、家で作るのは、買うのより喜ばれます。

先日、孫達のお節句のお祝いとお食い初めをしまして
総勢13名ほどが家に集まり、鯛を焼いたり、煮物、お赤飯、
手巻き寿司,空揚げといろいろ用意しましたが、
最近は、大人数のときデザートはいつもこれ。

Collage 2019-05-02 20_02_05.jpg


今回は、これを二つ用意しました。
トライフルの良いところは、はオ―ブンを使わなくて
よいところ。
そして、フレッシュな果物をいっぱい入れて、あとは
自分でお砂糖の量を調整できるところ。
シフォンケーキを私は使いますが、あと生クリームや、
自家製ゼリー、カスタードにはお砂糖、ほんの少々。
大きなスプーンですくって小分けして食べます。
甘すぎないので、びっくりするほど、よく食べてくれます。

大人だけの集まりの時は、ゼリーの中にコアントローや、
キルシュなどのお酒を少々加えても。
また、小さい入れ物に入れても可愛くて、娘は今度孫の
誕生日に30個余り作って、学校ヘ持っていくそうです!(^^)!


皆様も是非お試しあれ!


nice!(3) 

モテ期について考えた(笑) [*について思うこと]

Collage 2019-04-23 07_35_48.jpg


人生誰にも3度のモテ期があるという。

私の場合,昔から思っていたのは5年周期に来るということ。
1歳は、よく覚えていないけれど(笑)
5歳、10歳、15歳、、、とそういう時期に何か不思議と
男友達が増えた。
一番のモテ期は、20歳前後。大学に入ったときは18歳だったけれど
毎晩、毎晩、4,5人から電話。(あの頃は家電話で、父によく早く切れといわれた)
切ればほかの人から。。。という具合。

こういうとただのモテ自慢・・・ブスが得てして自慢する・・・
知らない人は、それでも可愛かったのだろうなと思うのでしょうが
ところがどっこい、自分でもよく自分を知っているので
美人じゃない、スタイルはよくない、それなのにどうしてだか
よく告白された(笑)

で、不思議なことに特定の人と付き合うと、とたんにぐっと
お誘いは減るのです。

それで、どうしてこんなことを書いてみようかと思ったかというと
先日、60代半ばにして、男の方に美術館の中で声をかけられたから。

それは、ナンパといってしまうような雰囲気ではなく
とても自然に訪れた。

静かな美術館の中で、あら、この絵が一番気に入った!と
見入っているときに、不意に横から
”素敵な絵ですね”と話しかけられた。

そうして、お一人でいらしてるのですか?
いえ、お友達と来てます。
もしお時間ありましたら、もう一度初めから一緒にいかがですか
美術が好きな方とお話ししたい。
ととても自然

少しお話したあと
ごめんなさい、時間がなくて。
でも、ありがとうございます
と丁寧にお断りいたしました。
きちんとブレザーを着こなした紳士だったので
正直、悪い気持ちはせず、嬉しい気持ちが残りました。

帰ってすぐに夫に報告(笑)
う~ん
複雑だね~って。で、すぐに、”でもご立派”って(笑)
この”ご立派”が、言い得て妙で、私はひどく感心してしまったの。
この年にしては、っていうのは省いてるところも(笑)

あとで冷静に考えると美術館の中の薄暗い照明がずいぶん
手助けしてくれたのね、きっと・・・と気づきました(笑)

Collage 2019-04-23 08_52_10.jpg


世のなかって、モテる星の下に生まれた人と生まれなかった人がいる。
でも、それだけではなく、輝いてるときって、きっと
声をかけてみたくなるようなオーラが出ているのかもしれない、とも思う。

ということは、ブスでもスタイルが悪くても、ニコニコして
妬むことやそねむことをせず、何かに自信を持って好きなことを見つけて
イキイキしてる人は必ずモテるという法則・・・を発見してしまったのね。


そして、賢い皆様はもうお気づきだと思いますが
モテるということは、おまけのようなもので、モテるために
何かするというようなものではないこと。
ただ、声をかけられるとかナンパされるのがモテるということでは
ないものね。

日常を大切にして、自分磨きをして、ご褒美についてくるようなものであって
決してそれを目的とするものではないこと。
お友達や良い異性の友にモテるというのは、、人生をより豊かに
してくれるもの。
家の夫はわんこにモテると自慢してます(笑)

先日、コシノヒロコさんが朝イチという番組でトークをしてらして
もう80歳になられるというのに、そのチャーミングさとパッションと
若さに圧倒されました。
いまだに恋をしているときは、目がキラキラして、お肌はつやつやに
なるってお嬢さんがおっしゃってました。

恋をする。
それこそ、一番人を輝かせるもの。
その相手が人でなくても、ダンスであったり、映画であったり
本であったり、物であったり、お花であったり、わんこであったり
なんでもよいと思うのね。
ワクワクして、時を忘れてしまうようなものを持っているときに
人って輝くものなんです。

で、・・・私の今のモテ期はあと2か月ほどで終わり
そのあとは、また5年後になります。
いつまで、記録を伸ばせるでしょうか。
コシノヒロコさんに追いつくでしょうか(笑)

乞うご期待!

と言いつつ、今は二人のおチビちゃんたちから
モテることが一番幸せな私です^^


nice!(4) 

今年も桜をあちこち追いかけて [季節]

Collage 2019-04-08 23_25_09.jpg


Collage 2019-04-08 17_05_10.jpg


今年の桜、東京はとても早く、千鳥ヶ淵も
新宿御苑も、あっという間に満開。
そうこうしているうちに、寒くなったり、今日は雪が降る地域も
あったりで、天気に翻弄される春でしたね。

Collage 2019-04-08 17_41_03.jpg


Collage 2019-04-08 17_35_35.jpg


先週、孫たちをを訪ねたいという夫と一緒に
また神戸方面に行ってまいりました。

今回は娘の家には泊まらず、先ずは、行ったことのない有馬温泉へ。
桜、まだほとんど咲いていませんでしたが、吉高屋さんという
有名なお土産屋さんの横の枝垂れ桜は満開で見事!
お寺の200年という枝垂れ桜も満開でした。

Collage 2019-04-08 17_07_41.jpg


Collage 2019-04-08 23_20_34.jpg


Collage 2019-04-08 23_18_44.jpg


有馬には、金と銀の湯というのがありまして、そこのお湯が本当によく効く。
何に効くって、本当に次の日お肌がつるつるに。
帰ってからは残念ながらあっという間に元に(笑)


次の日は神戸に戻って灘の酒心館でお蕎麦のランチ。

IMG_5292.JPG


IMG_5293.JPG


半日娘たちのところでのんびり孫と遊び
次の日は一日バスツアーで吉野に向かいます。
桜咲いてるかな?!と期待でわくわく。

行った日、お天気は最高で、日に焼けるほど。
膨らみかけていた桜も咲き始め、下千本はほとんど満開。
中千本の桜も見事
山全体がピンク色に染まっています。

Collage 2019-04-10 21_06_24.jpg


参道は、おいしいものでいっぱい、人もいっぱいです。
でもいい気が漂っている。

Collage 2019-04-08 17_11_11.jpg


まずは、一目千本の見晴らし台から眺めた後
蔵王堂に向かい、青い大きな閻魔様にご挨拶です
そのあとは、如意輪寺へ。
後醍醐天皇が昔お歩きになったという道を通っていきます。

ちょっとしたハイキングですが、人がちょっと少なくなって
風も気持ちよく、最高の気分です

Collage 2019-04-08 17_18_25.jpg


そのあとは、吉水神社を訪れ、参道をうろうろして
葛餅をいただいたりして、もう時間になってしまいました。

帰り道、遠くに三輪山を眺め、飛鳥の地を通り
大和し美しを実感。
Collage 2019-04-08 17_28_15.jpg


4日目は、もう帰る日なので、娘家族とホテルでゆっくり
朝食をしてから、北野天満宮に向かいます。
桜も満開、お天気も最高…

地元の桜を楽しむおチビちゃんと2か月になる孫のぷっくりおてて。

Collage 2019-04-08 23_27_18.jpg


Collage 2019-04-08 17_45_33.jpg


帰りには北野坂の西村珈琲でコーヒーをいただいて

IMG_5353.JPG


そのあと、どうしても三ノ宮で夫がB級グルメで有名な
ぼっかけやきそばを食べたいというのでお付き合い。
ところが、これがなんだか不思議に後を引く(笑)

牛筋と、こんにゃくを煮込んで刻んだものとやきそば
それに、青のりと刻みネギをかけて一見美しくない(笑)の
だけど、たぶん麺に牛筋のだしがしみこんでいるので
美味しいのだと思います
神戸のソウルフードなんですって。

北野のスターバックス、おしゃれですね^^

IMG_5403.JPG


すっかりおなかは膨らんで
お財布は空っぽになって?(笑)
わんこの待つ我が家へ帰りました。

コラージュの写真には、地元の町の通りや
鎌倉のお寺も含まれています。


♪満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先一体何度 見ることになるのだろう♪

竹内まりやさんの人生の扉

これからあと多くて見られるのは20回位かなと思うと
この出会いを大事に大事に味わいたいと思います。
nice!(3) 

グリーンブック 大いに笑い…そしてほろっと [映画]

160.jpg


いわずと知れた本年度アカデミー賞で
作品賞など3部門をを受賞したグリーンブック。
早速夫と見てまいりました。

時代はまだ、人種差別が色濃く残る60年代
特に南部でそれがひどかった時代に、黒人が泊まる
施設のガイドがグリーンブック。

主題は人種差別という重いテーマなのですが
プライド高い黒人のピアニストとガサツな白人ドライバー
との8週間にわたるツアーのあと、全く異なる二人に
強い絆ができるという実話に基づいた、大いに
笑わされて、そしてほろっとするお話。

人種も、育つ環境も、価値観も、見かけも
財産も、何もかも違う人たちがいるのがこの世の中。

自分の世界だけしか知らず、他の人たちの
立場を思い図ることのなんと難しいことか。

ましてや、この島国の単一民族の中に暮らしていては
長い間黒人の人たちが受けてきた迫害について
知っていはいても、痛みを知る機会は、なかなか
ないことに気づかされます。

そんな時代に敢えてなぜシャーリーは、南部へ
ツアーを決行しに行ったのか。
その疑問は次第に解けます。
我慢して、耐えて、人間としての尊厳まで
奪われそうになっていく。
人として、耐えがたい孤独を抱えるシャーリーの心に
教養もなく、ガサツで、黒人は大嫌いだったトニーの
心が次第に寄り添います。
トニーの心を変えた大きな理由のひとつが
彼の奏でるピアノの音色かな。

二人の会話、笑わせる。
途中何度も大声で笑ってしまいました。
完璧でない二人…愛おしい(笑)
うちの夫は、単純で、がさつで、大食いで、やること
トニーに近い(笑)
そして古き良き時代のアメリカのクリスマスシーンに
シナトラの歌が流れ。。。感動的なラストへ。

押しつけがましくなく、見た後に心が
ほっこり。幸せな気持ちに。
途中に流れる…ジャズ音楽の数々も素敵。

トニーがシャーリーに言うセリフ。
寂しい時には待っているのではなくて、自分から書いてみるんだよ(このときは手紙の事ですけど、自分から働きかけるということ)この言葉、すごく響きました。
良い映画に出会った日は、幸せです^^

監督は、ピーター・ファレリー

次は、イーストウッドの運び屋かな!
nice!(4) 

梅って素敵! 花も実も好き! [季節]

Collage 2019-03-05 22_41_39.jpg


昨年まで、そんなに梅が好きと思わなかったのに
なぜか今年は梅が気になって気になって・・・

梅の花をおいかけて、あちこち行ってまいりました

どうしてこんなに好きになってしまったのかな
やはり、その香りかな

今夜もわんこの散歩をして、歩いていたら梅の香り
見つけるより先に、香りがきます

バラの香りとはまた違う
馥郁という表現がぴったり

Collage 2019-03-05 22_43_55.jpg


現代の俳句では花といえば桜をさしますが
奈良時代の和歌では、花といえば梅のことをさし
万葉集においては、梅の歌は桜の歌のおよそ3倍ほども
収録されているそうです。

Collage 2019-03-05 22_42_35.jpg


Collage 2019-03-05 22_44_41.jpg


お昼は清水寺近く、東山が見えるお蕎麦屋さん
北野天満宮のおみくじは大吉!

Collage 2019-03-05 22_46_29.jpg


写真は、北野天満宮の梅
大阪天満宮、大阪城の梅

そして、息子夫婦が住む大倉山梅園の梅。
そこで息子たちが私に買ってくれた梅酒、ちょこっとずつ
いただくのが今の楽しみです^^

お天気が良かったら、鎌倉の宝戒寺、瑞泉寺の梅も
見に行ってみましょうか



nice!(4) 
前の10件 | -