So-net無料ブログ作成
検索選択
ハイキング&散策 ブログトップ
前の10件 | -

川越へ行ってきました! [ハイキング&散策]

cozy 2_2.jpg


つい先日川越祭りがあったばかり。
そのにぎわいが落ち着いてから
川越に行ってきました。

懐かしい蔵造りの街。そして芋尽くしの街^^

ちょっと前に、”もやもやさまーず”という番組でこちらを
紹介していて、そのときに興味のあった色々な場所。
そこをたずねるミニトリップです。

この蔵が立ち並んでいる通りは、電線が地下にうまっていて
景色がすっきり。

cozy6_1.jpg


川越らしい風景です。

cozy4_1.jpg


cozy5_1.jpg


ランチはこんな隠れた場所に。
カフェ・エレバートの裏に、とってもオシャレなお店があります。
風凛というところ。

P1010031_1.jpg


私たちがいただいたのは、このランチ。
美味しかったですよ~^^

P1010041_1.jpg


こじんまりとして、落ち着いて、とてもいい空間です。

表のエレバートでは美味しいお茶がいただけます。
お勧めは、芋プリン。

P1010075_1.jpg


行ってみたかった、足裏マッサージのできる神社?!
みんなここで、靴を脱いで、歩いてみます。
いろいろな形の石が並べてあって、痛心地よい(笑)
実は私全然平気なんです。可愛くないくらい(笑)
でも、外人さんなどはきっと裸足とかなれていないから
大騒ぎで、楽しんでいましたけど。

P1010084_1.jpg


P1010081_1.jpg


P1010080_1.jpg


川越に行ったら絶対試してくださいね!

そして実は、今回の大きな目的だったここ。

PA220035_1.jpg


川越のパンやさんなのですが、ここの奥様が
名前そのものの”見える”方。

”もやもやさまーず”で、そのことが公開されて以来
予約が殺到してしまって、半年以上とれないと
言われていたのですが、たまたま
キャンセルがあったところに
はいれたので、色々聞きたくって
たずねてみたのです。

で、前世とかスピリチュアルとか
聞いただけでえぇ~?!って
ひいてしまう方も中にはおられるかもしれませんが
私はとても興味あるし、前のことを知って今の自分が
なすべきことを知るということ、そして、目の前にある
いろいろな問題もちょっと聞いてみたくて行ってみたのでした。

で・・・結果、いってみて、大正解。
一分間100円という良心的な値段設定で
私は後ろに予約の方がいらっしゃらなかったこともあって
結局75分見ていただきました。
ちなみに前の方もやはり遠くからいらしていて
その方は2時間、120分でした。

何が良かったって・・・まず、一目見て私の性格と歩んできた
人生をずばり言い当てた。
人には決して見えてない部分もずばり。
普段の生き方をあらわす、私が使っている言葉をいくつも
そのまま言われた。
それが、私の前世の人の生き方そのままなんですって。

私のこと、そして子供達のこと、夫との事
母と姉のこと、これからのこと。、
沢山聞いて、どれも納得。

詳しく聞きたい方は私に直接聞いてね^^
個人的なことなので、これ以上詳しくは書きませんが
どれも、これからの指針として、ものすごく
勇気をいただけた。

そして帰り道はスッキリ、なぜかかとても
軽い気持ちに。
そう、誰かに頭をよしよし・・・ってされたような
小さいときに褒められたような・・・嬉しさを感じ・・・


見てくださる奥様はとても綺麗でチャーミングな
そしてピュアな方とお見受けしました。
そしてこの人にはうそがないと思いました。

占いなのかどういうものなのかわからないけれど
不思議なことがあるもんだなぁ・・・と
つくづく感じた帰り道。
この世の中には、確かに私たちが見ているもの
以外のことが本当に見えてしまう人がいるのだと
いうことも。

で、コッチで美味しいものをしこたま買い込んで

PA220037_1.jpg


楽しいミニツアーは終わったのでした。

おまけで、川越で評判のうなぎやさん。林屋さんです。
で、ここの長ネギとしそをたっぷりのせたうな丼が
大人気と”アドマチック天国”で見てチェックしていたのですが
もうこの日は売り切れ・・・でうな重のみ。
でもとても美味しかった!パワー全開です^^

cozy3_1.jpg


cozy1_1.jpg


またまたおまけに、お芋とあんこの入った蒸し団子。

P1010064_1.jpg


懐かしい、駄菓子や横丁もありますよ~

P1010074_1.jpg


歴史とそして、それとうまく融合した新しいオシャレなお店もいっぱい。
足裏マッサージのユニークな神社。
そして、不思議なパン屋さんがある川越。
魅力たっぷりな街、チャンスがあったら是非行ってみてくださいね^^

そうそう、オリンパスのミラーレスを買ってしまったので
(発売時の半額以下になっていた~)
そのカメラのトイフォトで遊んじゃった写真と、古いカメラとの
今日はごっちゃごちゃバージョンです^^
nice!(4)  コメント(9) 

ピンクカレーと九頭龍神社でパワーいただき~! [ハイキング&散策]

RIMG0056.jpg


歩くお仲間たちと、箱根へハイキングに行ってきました。
涼しさを求めて~という思惑は外れて、すでに家を出るときから
とっても涼しくて^^
でも、温泉を楽しむにはちょうどいい涼しさ。
で、心配した雨も歩くときには降っていなくて~ツイていました!
(写真は全部コンデジ)

RIMG0060.jpg


小田原から今回は箱根登山バスに乗って、先に歩くはずが、なんだか
女子ゴルフのトーナメント?があったみたいで、とても混雑。
それで、先にランチ&温泉となりました。
今回はプリンスホテルのランチ&温泉プラン。
そこでとっても珍しいカレーをいただきました。
ご覧のように~ピンク!!

RIMG0045.jpg


でも、味はちゃんとカレーで、しかも美味!
なぜピンクかというと~ホワイトカレーに、ビーツで色がついて
いるんです。見た目甘そうですけれど、実はしっかり辛い。
コースには、あとこれだけついています。

RIMG0044.jpg


RIMG0047.jpg


ル・トリアノンの天井の高いダイニングルームで気持ちの良いランチです。
本当は天気が良かったら外のソラノシタというレストランのテラス席でと
いうことだったのですけれど。
ここからはお天気がよければ、富士山が真正面だそう。

RIMG0052.jpg


天井のランプ、不思議。人の顔です。

RIMG0043.jpg


ランチをいただいた後は、温泉へ[いい気分(温泉)]
で、貸しきり状態~こんなチャンスはめったにないので
みなで、カメラを持って~パチリ[カメラ]

RIMG0049.jpg


ミストサウナも、寝転べるジャグジーもあります。

RIMG0051.jpg


男性のお風呂はすぐ隣ですから、露天風呂で話している声は
丸聞こえ。
塀越しのおしゃべりも楽しい(笑)

そのあとは、湖尻までのウォーキングです。
途中に、恋愛のパワースポットとして有名になってしまった
九頭龍神社がありますので、色々お願いしたいこともあり、
もちろん立ち寄ってきました。
私は、何より~子供達のことですね。

RIMG0059.jpg


RIMG0054.jpg


毎月13日がにぎわうそうですけれど(特に年一回の6月13日は大祭だそう)
この日は、とても静かで気持ちも穏やかにお参りできました。

ピンクカレーは恋愛[ハートたち(複数ハート)] に効くそうでしかも、九頭龍神社までお参り
してしまって~^^私はこれからどうなってしまうんでしょうか~(笑)
参考までhttp://wrs.search.yahoo.co.jp/_ylt=A3aX6FHSSlxOAWIA0DyDTwx.;_ylu=X3oDMTBtNHJhZXRnBHBvcwMxBHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGU-/SIG=12r25detd/EXP=1314772114/**http%3A//www.princehotels.co.jp/the_prince_hakone/restaurant/soranoshita/ 



私達が利用したのは温泉ランチ込みで3800円のプラン。バスタオル&
タオル持って行かなくても大丈夫ですし、とてもお得だと思います[ぴかぴか(新しい)]
nice!(23)  コメント(16) 

バラの香りに包まれて・・ [ハイキング&散策]

rose13.jpg


歩くお仲間たちと、新緑の中を歩きに行きました。
小田急線の向丘遊園駅にある、生田緑地。
小田急向丘遊園がずいぶん前に閉鎖され、その時園内のバラ園の
存続を求める多くの市民の声に応え、川崎市が引き継いだ所です。

歩くのが中心だったので、今回は30~40枚くらいしか
撮らなかったのでイマイチですが・・・

しばし、甘いバラの香りを楽しんでくださいね。

rose9.jpg


rose8.jpg


園内には、およそ530種、4,700株のバラが開花しています。

rose3.jpg


rose.jpg


rose6.jpg


rose12.jpg


rose7.jpg


rose4.jpg


rose2.jpg


生田緑地の隣には、川崎市立の日本民家園があり、懐かしい家屋を
見ることが出来ます。(入場料500円)

この日はとても暑かったので、皆で古民家の縁側で涼をとりました。
なんだか、幼い日の夏休み、田舎の縁側でスイカを食べたり
花火をしたりして従兄弟たちと遊んだ懐かしい光景を思い出します。

緑地の中をぶらぶらお散歩すると、奥には、岡本太郎美術館
あり、一日楽しめる場所になっています。
今年、ここは二回目の散策。季節によっても楽しめます。

先日神奈川テレビを見ていたら、おもちゃ博物館の北原照久さんが
笑顔の効用について、素敵な言葉をおっしゃっていました。

[ぴかぴか(新しい)] ”感謝と笑顔があれば、幸せはむこうからやってくる”[ぴかぴか(新しい)]

笑顔→人が集まる→情報が集まる→夢の実現につながる

確かに~[わーい(嬉しい顔)]
楽しい仲間とのよい時間は幸せを運んでくれます[るんるん]


nice!(27)  コメント(21) 

寅さんに会いに行きました [ハイキング&散策]

P5020002_1.JPG


連休の中日、夫が葛飾柴又に行ってみたいなぁというので
いつもいつもおいて出かけてるので(笑)お天気もいいし、
たまにはお付き合いしなくちゃ・・・と出かけてきました。

まずは品川から、京急に乗り換えて、高砂へ。そこから
柴又までは一駅です。

降りると、寅さんのブロンズ像がお出迎え。
皆さん、ここで記念撮影です。

P5020007_1.JPG


着いたらすぐにお昼でしたから、今日は参道にある
えびす屋さんで、うなぎをいただきました。

P5020012_1.JPG


P5020008_1.JPG


うなぎですから、とても待つと思ったら、
あっという間に出てきて、待つのが嫌いな夫には
いいお店♪ とてもおいしかったですよ~!

P5020011_1.JPG


P5020013_1.JPG


参道は、あれっ?!というくらいあっという間の短さ(笑)

それから、帝釈天へお参りです。
なんだか、住職さんと、掃除している蛾次郎さんが出てきそう。

P5020020_1.JPG


ここの裏には、綺麗な和風庭園があり、それと一緒に
帝釈天の素晴らしい彫刻が見られます。
とても近くで見られるので、一見の価値有りです。

P5020034_1.JPG


P5020039_1.JPG


その後は、矢切の~渡し~♪へ。思わず鼻歌がでてきてしまう。
船頭さんは、歌ってくれなくて無言(笑)

P5020058_1.JPG


本当に穏やかな水の流れ。寝そうです。

P5020060_1.JPG


P5020064_1.JPG


で、渡って何があるわけではないのだけれど
そこにすごく可愛いわんこがいて♪

P5020066_1.JPG


P5020069_1.JPG


コーギーと、甲斐犬のハーフという、コグマそっくりの!
クマちゃんというわんこです。
この子はぜひぜひお見逃しなくね!

そのあとは、大正ロマンの残る建物、山本亭で、甘いものを
いただいて、のんびりした一日を過ごしました。

P5020074_1.JPG


帰りにはもちろん草団子と、佃煮をお土産に。寅さんの指定席もあります。

P5020054_1.JPG


P5020085_1.JPG


P5020081_1.JPG


P5020082_1.JPG


P5020083_1.JPG


下町歩き大好きの夫、大喜びの一日でありました。

歩くの大好きな私は、このまま水元公園まで
行きたかったのですけれど、時間切れで今回はギブアップ。
またのお楽しみです。
柴又、休日のお散歩にはぴったりのところでした。
いらしたことない方、ぜひ行ってみてくださいね。




nice!(21)  コメント(8) 

吾妻山 [ハイキング&散策]

IMG_2990_1.jpg


菜の花を見に、東海道線に乗って、二宮の吾妻山へ行ってきました。
お天気が良くていい気持ち。お隣の大磯には良く行ったのですけれど
二宮で降りるのは初めて。とてものんびりしたところです。

IMG_3087_1.jpg


二宮の駅から歩いて5分くらいで吾妻山のふもと。
そこから階段を300段くらい上り、なだらかな傾斜をトコトコ登り切ると
富士山や、海が見えてきます。

IMG_2998_1.jpg


TVニュースで放映していたので、ずいぶん人が来ていました。
午前中はバッチリ見えたであろう富士山もちょっとかすみ気味。

IMG_2995_1.jpg


それでも春の気配を満喫してきました。

nanohana_1.jpg


nanohana5_1.jpg


nanohana 5_1.jpg


水仙も満開。いい香りがします。

suisen_1.jpg


suisen6_1.jpg


今日のわんこ

wanko_1.jpg


まだまだきれいに咲いていますから、お天気の良い日にどうぞおでかけください。
軽いお散歩にちょうど良いコースです。
nice!(28) 

晩秋の昭和記念公園 [ハイキング&散策]

春にお花を撮りに行ったお仲間とまた、今度は紅葉色づく昭和記念公園に行ってきました。
写真ずらっと並べます。

showakinen1_1.jpg


momiji8_1.jpg


momiji7_1.jpg


momiji10_1.jpg


momiji4_1.jpg


momiji1_1.jpg


momiji3_1.jpg


mojmiji_1.jpg


kouyou_1.jpg


showakinen2_1.jpg


ichou1_1.jpg


少し気分を変えてほかのお花達も

boke_1.jpg


showakinen3_1.jpg


お天気も良く最高の散策日和。次回は、箱根です。
nice!(27) 

海辺でゆったり・・・小網代から諸磯湾ウォーキング [ハイキング&散策]

PB030081_1.JPG


とても晴れた日に、京急三崎口からから諸磯湾までの道のりを仲間たちと歩きに行きました。
(写真は全部コンデジです)

PB030068_1.JPG


ここ三浦半島は、御存じのように、三浦大根、そしてキャベツなどの畑、マグロで有名なところ。

三崎口から歩き始めるとすぐに、畑が見えてきます。

PB030069_1.JPG


最初に見えるのがこの小網代湾。遠くからの眺めですが、なんだかのんびり可愛い港。

PB030074_1.JPG


そして、油壷湾も通りすぎます。

油を流したように静かというのがその名前の由来とも。

風もなく、本当に油を流したように、静かな、波もない湾です。

このあたりは別荘が多くて、こんなおうち、いいなぁ。わんこといっぱい遊べそう[犬]

PB030086_1.JPG


ここから、海岸淵をあるき・・・って、ここが結構難関。へたすると、海に落ちます。[あせあせ(飛び散る汗)]

ものすごい岩の断崖を、滑りそうに、落ちそうになりながら、ひたすら歩きます。

で、これが楽しかった。小さい時の悪戯を思い出します。

PB030087_1.JPG


海には、こんななんとかフグ・・・という魚(名前忘れた)や、写っていませんが熱帯魚みたいな真っ青な魚も。

PB030079_1.JPG


おじさんおばさんがキャーキャー言いながら、ちょっと危険な道を歩き・・・危ないところは、

ちゃんと、紳士が(笑)手をとってくれて、それもまたお楽しみ?

PB030077_1.JPG


そのあとは、本当にのんびりした海で、男性陣が流木を集めてくれて、焼き芋やら、魚介類の蒸し焼き、

エリンギ、玉ねぎやじゃがいもの丸焼き、貝をとってきてくれて、それをゆでて食べたり。

久しぶりにまったり、のんびり、おしゃべりして・・・時が止まったようにゆっくり流れます。

PB030093_1.JPG


PB030095_1.JPG


思わぬ、お御馳走にお腹はいっぱい。ビールやワイン持参の人もいて皆さん満足満足[ビール]

ここ諸磯湾は、本当に静かなところで、素敵な別荘が海の際に2件ならんでいますが、

修理中のこちらは、かつて、作家の森瑤子さんの別荘だったところだそうです。

PB030100_1.JPG


PB030090_1.JPG


プライベートビーチのようですねぇ。聞こえるのは、波の音と、風の音、そして、海鳥の声。

今は人手に渡っているそうですが、森瑤子さん、こちらでゆっくり家族で海を眺めたり、

磯遊びをしたりなさったのでしょうね。

今日は、大人の遠足でとても楽しい一日でした。こんな日が元気のもとになります[ぴかぴか(新しい)]

一緒に行ってくれたみんなに感謝です。

帰りは皆は、”うらり”という市場でお土産をゲット。私は地元なので、お土産は特に買いませんでした。

紅葉、そろそろかなぁ。もうちょっとしたら、また写真撮りに行きます!
nice!(22) 

大楠山ハイキング [ハイキング&散策]

娘とボーイフレンドが遊びに来ていたので、葉山のお寿司屋さんへ寄った後、
夫に送ってもらって、大楠山まで3人でハイキングに行ってきました。

P9190034_1.JPG


大楠芦名口のバス停からちょっと奥へ入ったところから登り始めます。
こちらのコースは良く整備されて途中まではアスファルトで車も入れる道ですから、
雨がちょっと降った後でも大丈夫。
ここからとっとこ登ります。
で、大楠山は、三浦半島最高峰。っていうので、何メートルくらいかしらと思ったら~
思ったより低くて、242メートル(笑)

P9190035_1.JPG


でも、結構歩きでがあって(笑)山頂からは三浦半島、伊豆半島、富士山箱根、房総半島、横浜
ずっと見えるんです。

P9190044_1.JPG


頂上にはこ~んな展望台が。意外に怖い(笑)
で、このてっぺんに立ったら、まさしく三浦半島一の高さです~!

P9190038_1.JPG


P9190048_1.JPG


頂上付近にはコスモス畑。
こんなに咲いてるのを見たのは今年初めてだ~。でもカメラが、古くてちっこいのなんだぁ[もうやだ~(悲しい顔)]

P9190056_1.JPG


帰りは前田橋バス停方面におります。
こちらは、舗装されていないので、本当に箱根の山の中でも歩いているような感じ。
あまり人にもあわないので、男の人がいないと怖いかも。

P9190061_1.JPG


P9190064_1.JPG


P9190065_1.JPG


バス停に出るまでの農家では、無人の野菜販売所がいくつか。
のんびりした、風景を楽しめます。
帰りはここからバスに乗って~逗子方面に出ます。

ここのハイキングコースは、私の行った、大楠芦名口コースだと頂上まで片道60分。
前田橋からだと70分。
JR田浦方面からだと片道約2時間30分のコースとなります。
お天気や時間によって、選べてお手軽な自然を満喫できるコースになっています。
帰り道は、意外につかれてバスの中でこっくりでしたけれど、いいリフレッシュになりました。

P9190070_1.JPG


我が家のお嬢ちゃん、来年夏前にはドイツに行ってしまうかも・・・です。
と思うと、娘と過ごす時間がますます、大事な愛おしいものになってきます。
次回は、楽しかった、もんじゃ屋形船です♪
nice!(23) 

明治神宮の杜と清正井 [ハイキング&散策]

meijijingu_1.jpg


この暑さでうだうだしているよりも
いっそのこと、散策に出かけましょうというお誘いがあったので
朝早く家を出て明治神宮と今パワースポットとして有名な清正井へ行ってきました。

神社へはいると、空気がなんだかシンとして、気持ちがいい。

P8190003_1.JPG


原宿は庭のようという、地元Oさんの案内でまずは普通に参道を通ってお参り。

わぁ、前は気がつかなかったけれど、門にこんなもの発見。

P8190005_1.JPG


♡だらけです。

P8190004_1.JPG


P8190006_1.JPG


そのあとは、まっすぐ帰らないで、この鳥居をくぐって、お散歩道へぬけます。
宝物殿へ抜ける道なのですけれど、ここが静かで、とてもいい散歩道。

P8190008_1.JPG


芝生の上にシートを広げてしばしのんびりおしゃべり。
ココが大都会の真ん中だとは思えないほど。
遠くに新宿のビル群が見えます。

P8190013_1.JPG


ki_1.jpg


清正井へは、大鳥居の横から入ります。
テレビで放映されてから、急に人気が出てしまって、ひどい時は何時間も待たされたことも
あったというほどのパワースポットだそうですけれど、今日は暑さを懸念してか
空いていますとのことですんなり入れました。

参考までに加藤清正とは??

安土桃山、江戸初期の武将で、朝鮮出兵での“虎退治”の話が有名。
かなりの大男だったようで、S10年に上野科学博物館で清正の手形が展示されましたが
当時の巨漢出羽力嶽文次郎(204センチ、187キログラム)の手形より、大きかったそうです。

清正は、名高い武将である同時に城造り、治水、干拓の技術にもすぐれていて、築城の名人
(熊本城、名護屋城)で、土木の神様とも言われているそうです。

明治神宮の境内の中に、清正の息子、忠広が住んでいたのは間違いないようですが
本人が住んでいたかどうかは定かではなく、ただ、これほどの伝説があることは
何らかの深い関係があることは間違いないようです。

で、どんどん奥まで進んでいきますと~
あっ、行列が見えます。今日は30人ほど。

P8190027_1.JPG


携帯を手にしてます。
若い人が多いですねぇ。

P8190028_1.JPG


さて、さて、皆様にパワーのおすそ分け(笑)

kiyomasasan no  ido_1.jpg


P8190029_1.JPG


コンデジでしかも古いので、すっきり写ってなくてごめんなさい。
とても澄んだ湧き水です。

帰りには、恵比寿の千疋屋でサンドイッチのランチ。1050円で、美味しいフルーツティー、
パンナコッタのデザートが付いてます。これはお得!

P8190034_1.JPG


P8190035_1.JPG


で、あまり暑くならないうちに早々に家に帰って来ました。メイちゃんお留守番ありがとう~!


nice!(26) 

東京散歩 目黒界隈 [ハイキング&散策]

昔こちら方面に住んでいたこともあって、時間があったらゆっくりみたいと思っていた町。

目黒のさんまで有名なこの街を、お天気のいい日に散策しました。

東横線、祐天寺で降りて、まずは駅と同じ名前の祐天寺へ。

P2200143_1.JPG


P2200145_1.JPG


ここには、歌舞伎で有名な”かさね”の塚があり、歌舞伎で興行する前にはかならずここを

お参りするそうです。人も少なく、のんびりとしたお寺です。

目黒は坂が多いことでも有名。

P2200151_1.JPG


ここは、なべころ坂と呼ばれる坂。なべが転がるほど急・・・なんですって。

又、道に粘土が露出した状態を方言でなべころといったことから・・・という説も。

道の途中に庚申塔と呼ばれるものがいくつか並んでいます。

P2200163_1.JPG


このことから、江戸時代にかなりの農村集落があったことがしのばれます。

昔は、60日ごとに巡ってくる庚申(かのえさる)の日に、講中の人たちが当番の家にあつまり

一定の儀式のあと、夜を徹して飲食をともにし、夜明けとともに解散するというのが

庚申講の一般的な形だったそうです。

そのあとは、五百羅漢寺へ。

松雲元慶禅師が彫りつづけたここの五百羅漢像(536対あったが現在は305体)は、江戸期を代表する

木彫りとしてとの重要文化財に指定されています。

現在は、新しい建物の中にあるのですけれど、本堂の中に鎮座した、実際の人くらいの

大きさの木彫りの羅漢様が大勢座ってる様子は、なんだかものすごい迫力で圧倒されます。

今にも動いたり、しゃべりだしたりしそうで、一人ではちょっと怖いくらいの気迫[がく~(落胆した顔)]

回廊のほうにも本堂に入りきれない羅漢様がならんでいますけれど、その一つ一つに

名前と、その意味する言葉がかかれていて、日頃心にとめておきたいような言葉が

たくさんありました。

好きな言葉をいくつかならべますね。本当に当たり前なんだけれど、忘れがちな言葉[ぴかぴか(新しい)]


☆直意尊者…いつも、素直な心を持つ

☆恵依王尊者・・・今生きてゆくことを学ぶ

☆大賢光尊者…多くを語る人が賢者とはいえない

☆善観尊者…人の長所を見る

☆無垢蔵尊者…人の嫌がる仕事をすすんでやる

☆婆闍堤婆尊者…温かい心で人に接する

☆羅旬尊者…病なきは、この上なき幸せ

☆善住義尊者…黙って善いことをする


等々、全部の羅漢様にこういう言葉が書いてあります。

あとから、じっくり読んでみたいと思って、言葉が書いてある冊子を求めてきました。

そうそう、羅漢様というのは、お釈迦様のお弟子さまだった人たちで、歴史上に実在していた人たち。

修行をつんで、聖者のくらいまで登りつめた人たちです。

この500人がお釈迦様の教えを正しく後の世に伝えるために、会議(結集)をしてまとめあげたものが

現在の経典の原型になりました。

私はあまりみたことがありませんが、全国各地に羅漢様が祭られているようですね。

ここは、残念ながら中の写真禁止でしたので、写真はありません。

笑い、、叫び、泣き、あるいは教えを説き、瞑想している様々な”らかんさん”たちは、

私たちに大切な何かを説いているようです。


これとは、全然ちがうものですけれど大円寺にも、羅漢像がたくさんあります。

大円寺は、明和9年(1772年)、死者約一万五千人を出し、江戸の三分の一を焼きつくした明和の大火

の火元とされたので、長い間、再建が許されず、寺の空き地に500羅漢の石像が建てられました。

その後江戸末期(1848)にようやく願い書が受け入れられて寺が再建されたそうです。

ここは、八百屋お七にもゆかりのお寺です。

P2200228_1.JPG


こちらには、とろけ地蔵という不思議なものがありまして・・・全部とけてる・・・[がく~(落胆した顔)]

P2200230_1.JPG


最近は、悩みをとろけさせてくれるということで、お参りに来る人も多いそうですが

顔形はわからず、なんとも不思議な・・・お地蔵様です。

それから、おきまりの目黒不動尊。

正式名は、“滝泉寺”。境内に豊かな湧水を持ち、景勝地ということもあって、江戸市民の行楽地と

しても賑わった場所です。

創建は平安時代で、慈覚大使が不動明王の悪夢を見たことをきっかけに、不動明王を刻み安置したのが

始まりとか。今、不動明王の像が外にあるのですが、なんだか新しくて、しかも、ちょっとお顔が・・・

笑っちゃうお顔。(不謹慎だけど)[わーい(嬉しい顔)]

江戸五色不動には、目黒、目白、目赤、目青、目黄があり、これは仏教上五方角(東西南北中央)を色で

示し、黒が南を表わしていたようです。

当時目黒は閑静な農村地帯でしたが、ここ周辺は、参詣客を相手の飲食店が栄え、筍飯という

名物も生まれたそうです。

P2200190_1.JPG


表に水かけ地蔵というのがありますので、みんなでお水をかけました。

P2200194_1.JPG


ここには、昔、教科書でならった青木昆陽先生のお墓があるので、ぐるっとまわって

公園のほうの墓地へ行きますと・・・ありました!で、本当に生のサツマイモがお供えしてあって

びっくり[exclamation]サツマイモ先生なんですもん。当然でしょうか・・・

P2200198_1.JPG


P2200199_1.JPG


青木昆陽先生は、日本橋の魚問屋の息子でしたが、学問熱心で、サツマイモが飢饉のときにも

生命力の強い食べ物であると申し立て、関東に根付かせた人です。

大好きなサツマイモですから・・・お参りきちんとしました。

そのあと、目黒の下町を歩き、またまた小さなお寺をめぐって・・・楽しい石仏などを見て・・・

P2200221_1.JPG


P2200213_1.JPG


P2200210_1.JPG


この子は、大黒様の上がいつものおきまりの場所のようです[猫]

P2200215_1.JPG


帰りは目黒雅叙園脇から行人坂、そして目黒駅へ。今日はた~っぷり歩いた~!約15000歩[足]

目黒には、ほかに林試の森、寄生虫博物館(笑)、庭園美術館など、見どころがいっぱい。

美味しいトンカツ屋さんもありますし!

たまには、六本木銀座ばかりではなく、こんな東京も楽しんでみては~??

参考までに今日のコースです

祐天寺→なべころ坂→長泉寺(彫刻美術館)→茶屋坂(目黒のさんま伝説の坂)→目黒川→
ばんりゅう寺→五百羅漢寺→目黒不動尊→太鼓橋→大円寺→行人坂→→目黒駅
nice!(25)  コメント(13) 
前の10件 | - ハイキング&散策 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。