So-net無料ブログ作成
検索選択

LaLa Land! 夢を追いかけて [映画]

アカデミー賞の発表がありましたね
作品賞は、逃しましたが、ずいぶんたくさんの賞に輝いた
”La La Land”

th.jpg


ロサンゼルスの、ハリウッドを中心に、夢を追う
人々が集う場所のこと
夢見がちで、現実離れした
と少し批判的な意味でも使われることもあるそうですけれど。

甘酸っぱい・・・ほろ苦いというより、甘酸っぱい。
見終わったときの印象。

ストーリーは、いきなりLAの高速道路から始まります
掴みがすごくって、IMAXで見てしまった私は、その動きに
ついていけないくらい(笑)
でも、身体がリズムをとってしまうこと、必至です(笑)

ストーリーは、女優を目指すけど、なかなかオーディションに合格しない
ミアと、ジャズを愛するセバスチャンとの出会い、恋そして・・・
細かいことは言いませんね^^
見てからのお楽しみです

この映画は、様々な映画へのオマージュが詰まったミュージカル。
そこかしこに、あの映画ね^^と重なるところがいっぱい。
監督のチャレンジだと思います
ミュージカルがあんまり好きではないと思っている方も
ついつい、のめりこんでしまうこと必至。

若いときに、何もかもがうまくいかなくて
もがいて、そして、それでも夢を忘れずにつかみ取ること。
現実との折り合いに苦しみながら、それでも
夢を捨てないで・・・というのが全編を貫く監督のメッセージでしょうか。

ミアとセバスチァンに訪れる思いがけない結末。
でも、こういうことがあるから・・・
これこそが、良い音楽を生んだり、良い女優になったりの
滋味になるのですね
それは、年を重ねた今だからわかることなのかもしれません。

若いときには、楽しいことばかりではなく辛いこともいっぱい
(それは、年を重ねても同じことですけどね)
若さゆえの輝きと不安
でもね。若いってことは、それだけで美しい。
素敵な恋をして、色々なことが起こって、もがいて。
それだけで、抱きしめてあげたくなるほど、愛おしい。
多くの人が、若いときの自分自身を重ねて見てしまうのでは?

恋する二人が、グリフィス天文台の中の星空の中に飛んで行って
踊るシーンの素敵なこと
ほとんど、ミアになりきりますねぇ、胸が高鳴ります。
うん、ワルツ、絶対にマスターしたい。と思わせるシーン^^

この映画のために、ミアを演じたエマ・ストーンは、タップダンス
ジャズダンス、社交ダンスを特訓

セバスチァン演じるライアン・ゴブリングは、ほとんどピアノは素人
だったのにもかかわらず、3か月であれだけマスターしたそう・・・
役者さんって、本当にすごい。

孫が大きくなるまで、私も特訓を重ねて
いつか踊ってもらおう(笑)

皆さま、楽しいミュージカルで、是非是非、若いときの甘酸っぱい気持ちを
シアターで味わってきてくださいませ
Jazzも楽しめますよ^^
映画館からの帰り道、紅潮した頬で、思わず音楽を口ずさむ私がいました。


nice!(4)