So-net無料ブログ作成
検索選択

黄金のアデーレ 新年最初に見た映画 [映画]

300px-Gustav_Klimt_046.jpg


皆様明けましておめでとうございます
今年の冬は穏やかで、とても気持ちの良い
年明けでしたね

さて、今年の最初に見る一本は
何にしようかなと思っていたところ
あちこちでとても評判が良いので、昨年に
見損ねたこの映画を見に、夕方から仕事の日に
午前中,急いで行ってきました。

マリア・アルトマン、82歳。アメリカに暮らす彼女がオーストリア“政府”を訴えた。それは“オーストリアのモナリザ”と称されるクリムトの名画を「私に返してください」という驚きの要求だった。クリムトが描いた、黄金に輝く伯母・アデーレの肖像画は、第二次世界大戦中、ナチスに奪われたもので、正当な持ち主である自分のもとに返して欲しいというのが、彼女の主張だった。大切なものすべてを奪われたマリアが、名画よりも本当に取り戻したかったものとは──? 最後に明かされる真実が、前へと進む力をくれる希望と感動の実話。(映画のあらすじから抜粋)

これを読んでいっただけで、何の予備知識もなく
出かけたのですが・・・
途中から久々に引き込まれる秀逸な作品でした。

ナチスに追われて家族や国を捨てる哀しみ
そして、奪われたのは物だけではなく
愛する者たちの命や誇り

クリムトが描いたアデーレ
この作品が、あるユダヤ人の家族の幸せと
そして、ナチスによってそれがはかなく
壊されて行く深い哀しみをずっと見つめ・・・
その表情は、まばゆいのに、憂いを帯び・・・

舞台は20世紀初頭のウィーンの華やかな時代と
現代のロスアンゼルスの間を交錯します

私たちが垣間見ることもできない当時の
華やかなサロン
クリムトや、シェーンブルクなどの芸術家
フロイトやウィーンの文化人がこぞって集まる
その華やかさの絶頂,マリアの結婚式のその
すぐ後に悲劇の時代が始まります。

マリアが親と別れて国を去る場面は
涙なしには見られません

永遠に会えなくても、逃げて、生きてと
願うのは、親の自然な姿。
”私たちを忘れないで。そして幸せを取り戻して"と
言う言葉の重さ。

womaningold_add_01.jpg


マリアと一緒に戦う新米弁護士役の俳優さんも
とても新鮮。ベテラン ヘレン・ミレンとも
堂々とわたりあって、一見重くなりそうなテーマ
が、時には笑わせたり、見る人を飽きさせません。

哀しみを乗り越えるということは
過去の辛いことと勇気をもって向き合うこと
それなしには、前に進むことはできないという
彼女の毅然とした姿、そして、望みを
かなえたあとも、消えない哀しみ。
それでも、一度しかない人生を
一生懸命生きるしかないという事実を
改めて考えさせられ

平凡でも、平和な暮らし
そんなシンプルなことの大切さを
しみじみ感じさせてくれる作品でした

そうそう、彼女のロスアンゼルスのお部屋が
パステルカラーでとても素敵
それと彼女の持っているお店がとてもお洒落
ぜひチェックしてくださいね

さてさてNew year’s resoltion(新年の抱負)
皆様は、どんな抱負を今年は選ばれましたか

私は、家族との時間を大切にするということ

海外に住んでいる娘が今年一年日本で過ごせるという
思いがけない幸運は神様からのプレゼントと思って
いますので、できるだけ娘たちの手助けをしてあげたい

それでそんな抱負をいだいてみました。
皆様にとっても、今年が希望にあふれた良い年で
ありますように♪
今年もよろしくお願いいたします

nice!(3)  コメント(4)